学生向けのおすすめクレジットカードを比較!選び方や審査基準なども分かりやすく解説

学生向けクレジットカード

※年会費などの金額表記を原則すべて税抜価格で表記しています。

学生でもクレジットカードを持つことができます。

カード会社によっては、学生向けのカードや、申し込み条件が18歳以上のものもあります。

したがって学生が持つことができるカードは多く、おすすめな学生向けクレジットカードを厳選して紹介します。

学生向けクレジットカードの選び方や審査の流れ、Q&Aなども紹介するので、カード選びの参考にしてください。

目次

学生向けおすすめクレジットカード10選

ではさっそく、カード会社が発行している学生向けのクレジットカードや学生でも持てるカードを紹介します。

1.三井住友カード デビュープラス

国際ブランド Visa
年会費 初年度 無料
2年目〜 1,200円
※年1回利用で無料
還元率 常時 1.0%
最大 2.5%

三井住友カード デビュープラスは、18~25歳の学生限定(高校生は除く)の高スペックなクレジットカードです。

年会費は初年度無料で、2年目以降も年1回でもカード利用があれば無料です。

このように、年会費が実質無料にも関わらずポイント還元率は常時1.0%であり、使いみちが豊富なVポイントが貯まります。

さらに、入会後3カ月間はセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニ、マクドナルド利用時には還元率が2.5%と、お得に買い物ができます。

Vポイントの優待サイトであるポイントUPモールを経由したネットショッピングでは、ポイントが2倍~20倍貯まるので、ネットショッピングを利用する学生にもおすすめです。

旅行傷害保険は付帯されていませんが、年間100万円までのお買物安心保険は付帯されているので、万が一の際も補償が受けられます。

年会費無料のカードで還元率1.0%以上のカードは珍しく、様々な場面でポイントアップするのは三井住友カード デビュープラスの強みです。

また、18歳~25歳限定の三井住友カード デビュープラスは、満26歳以降になると上位カードの三井住友カード プライムゴールドに切り替わります。

20代専用のゴールドカードであり、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなども付帯されています。

三井住友カード プライムゴールドの2年目以降の年会費は5,000円ですが、年会費割引特典が充実しているので、お得にクレジットカードを持ち続けることができます。

将来的にゴールドカードを持ちたいと考えている方は、三井住友カード プライムゴールドへの道が続いている三井住友カード デビュープラスに申し込んで、クレジットカードデビューを飾りましょう。

2.JCB CARD W

国際ブランド JCB
年会費 初年度 無料
2年目〜 無料
還元率 常時 1.0%
最大 5.5%

JCB CARD Wは、国内有数ブランドJCBが発行するカードであり、総合力が高く、多くの人におすすめできます。

39歳以下の方が申し込めて、年会費は永年無料です。

JCB CARD Wの秘密は、JCBが発行するほかのクレジットカードの2倍(W=ダブル)のOki Dokiポイントが貯まる点にあります。

通常ポイント還元率は1.0%と高い還元率なので、使えば使うほどお得です。

さらに、入会後3カ月はポイント4倍(還元率2.0%相当)と、高い還元率になります。

JCBのクレジットカードにはJCB ORIGINAL SERIESのポイント優待店があります。

Amazonやスターバックス、セブン-イレブンなどをはじめとする、学生もよく利用するであろうお店でポイントアップ(最大10倍)するのも、魅力のひとつです。

貯めたポイントは、Amazonやギフトカード、ANAマイルやディズニーチケットなど使いみちが豊富ですので、使いどころに困ることはないでしょう。

さらに、24時間体制で紛失・盗難の対応や、最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付帯されており、海外旅行や留学の際にも安心感があります。

もちろん、Apple PayとGoogle Payに対応しているので、スマホ1つでさっとお会計を済ませることもできます。

総合力があり年会費も無料なので、おすすめです。

3.JALカード navi

国際ブランド Visa
Mastercard
JCB
年会費 初年度 無料
2年目〜 無料
還元率 常時 1.0%
最大 2.0%

JALカード naviは、JALが発行する学生専用クレジットカードです。

年会費は、在学期間中は無料になります。

JALマイルの貯まりやすさに特化しているので、旅行や留学、遠征などでよく飛行機を利用する学生におすすめです。

フライトではもちろん、ショッピングでもJALマイルを効率的に貯められます。

さらに、学生専用クレジットカードのJALカード naviならではのマイルサービス(オリジナルボーナスマイル)として、以下のようなものがあります。

  • つかってマイルボーナス:カード利用金額に応じて最大2,500マイルプレゼント
  • 語学検定ボーナスマイル:JALカード指定の外国語検定の合格すると500マイルプレゼント
  • 祝卒業!JALカードご継続ボーナス:卒業後もJALカード継続で2,000マイルプレゼント

つかってマイルボーナスは、利用金額(税込)合計が20万円以上で500マイル、60万円以上で2,000マイルがもらえます。

JALカード naviをメインカードとして利用すれば、比較的簡単に条件を達成できるでしょう。

語学検定ボーナスマイルは、実用英語技能検定(英検)の準1級/1級やTOEFL、TOEIC、外国語検定1級などが対象です。

入会前に受験・合格した語学検定はマイル付与の対象とはならないので注意してください。

祝卒業!JALカードご継続ボーナスの付与に際して、卒業後もJALカードの利用を継続する場合、JALカード(普通カード)に自動切替となります。

JALカード naviの有効期限が切れる頃に普通カードが届くので、それまでの間はJALカード naviを支払いに利用できます。

このように、JALカード naviではたくさんJALマイルを貯めらるだけではなく、在学期間中に限り有効期限がないというのも魅力です。

その他、減額マイルキャンペーン(国内線・国際線)やJALパックの割引、海外・国内旅行傷害保険なども利用できます。

学生でマイルを貯めたい場合、JALカード naviを発行しておけば間違いないでしょう。

4.学生専用ライフカード

国際ブランド Visa
Master
JCB
年会費 初年度 無料
2年目〜 無料
還元率 常時 0.5%
最大 1.0%

学生専用ライフカードは、現在在学中の学生のみ申し込めるクレジットカードです。

在学中はもちろん、卒業後も年会費は永年無料です。

基本ポイント還元率は0.5%なので高い還元率とはいえませんが、入会後1年間はポイントが1.5倍です。

さらに、誕生月にポイント3倍、海外ショッピング利用時に5%のキャッシュバックを受けられるなど、お得になる場面が多数あります。

学生専用ライフカードのポイントプログラムはステージ制なので、1年間の利用金額に応じてポイント還元率がアップします。

例えば、1年間の利用金額が50万円以上を達成するとスペシャルステージが適用され、ポイント還元率は0.75%になり、500ポイントのスペシャルボーナスも手に入ります。

最上位のプレミアムステージが適用されれば、ポイント還元率は1.0%と高い還元率になっています。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付帯されており、年会費無料のクレジットカードであるにも関わらずサービス内容が充実しています。

海外旅行をよくする学生にはぴったりのクレジットカードです。

卒業後も年会費無料で持つことができますが、海外ショッピング利用時のキャッシュバックと海外旅行傷害保険の自動付帯は終了します。

5.エポスカード

国際ブランド Visa
年会費 初年度 無料
2年目〜 無料
還元率 常時 0.5%
最大 1.25%

エポスカードは学生専用ではありませんが、学生でも申し込める年会費永年無料のクレジットカードです。

卒業後も無料で持つことができます。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、400以上の人気ショップが集まるポイントアップサイトの「たまるマーケット」を経由してネットショッピングすると、還元率は最大30倍になります。

工夫次第でポイントの還元率を大幅に増やすことができます。

また、エポスカードには10,000店舗の豊富な優待店があり、カフェやカラオケなど学生がよく利用するお店で割引やポイントアップを受けられるのも魅力です。

付帯されている海外旅行傷害保険は、年会費無料のクレジットカードの中でエポスカードがもっとも充実しており、海外旅行好きは必携です。

さらに、24時間のトラベルサポートもついており、海外現地で何か困ったときには日本語で対応してもらえます。

学生のはじめての海外旅行や、留学のシーンにもぴったりです。

また、エポスカードは即日発行の出来るクレジットカードとしても有名です。

ネット申し込み&マルイ店頭受け取りに限り、申し込んだ当日にクレジットカードを受け取れます。

エポスカードは店舗でのカード発行をお断りする「謝絶率(≒審査落ちの確率)」がわずか8%なので、急ぎで確実にカードを持ちたい学生にとっては救世主です(参考文献:共創経営レポート

エポスカードの解説記事はこちら

6.セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランド AMEX
年会費 初年度 3,000円
※初年度無料
※26歳未満無料
2年目〜 3,000円
※26歳未満無料
還元率 常時 0.5%
最大 1.0%

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、26歳未満だと無料で持つことができます。

旅行傷害保険が充実していることから、学生や新社会人に人気の高いクレジットカードです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険は以下の通りです。

傷害死亡・後遺障害 3,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 3,000万円
救援者費用 200万円
携行品損害 30万円
付帯形態 自動付帯

海外旅行傷害保険は自動付帯で、病治療費用・疾病治療費用はそれぞれ300万円までカバーできます。

保険責任期間は、最長90日間です。

また、手荷物無料宅配サービスやコートお預かりサービスも利用できます。

通常ポイント還元率は0.5%ですが、海外で利用すると1.0%になります。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで貯められる永久不滅ポイントには有効期限がありません。

好きなだけ貯めて、その後自分に合った使いみちに活用できるのが魅力です。

西友・リヴィン・サニーやロフト、その他全国各地にさまざまな優待店舗があり、割引を受けられます。

旅行のシーンだけではなく、友人や家族とのお出かけの際にも利用してください。

7.楽天カード

国際ブランド Visa
Master
JCB
AMEX
年会費 初年度 無料
2年目〜 無料
還元率 常時 1.0%
最大 3.0%

楽天カードは、今もっとも有名なクレジットカードと言っても過言ではないカードです。

2020年6月30日時点で、ユーザー数が2,000万人に到達していることからも、人気ぶりが伺えます。

参考:楽天カード株式会社|楽天カード、カード会員数が2,000万人を突破

高校生を除く満18歳以上であることが申し込みの条件なので、学生でも申し込めます。

年会費は永年無料です。

通常のポイント還元率が1.0%と高い還元率なうえに、楽天市場で利用すると還元率は3.0%にもなるので、楽天ユーザーにとっておすすめな1枚です。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険や海外緊急サービス(渡航中に利用できる再発行カードの手配)なども付帯されているので、旅行や留学の際に1枚あれば安心です。

自家用車を持たない学生にとっては、海外レンタカー10%オフの優待も魅力の1つでしょう。

また、学生の中には「クレジットカードを持ちたいけど使いすぎを防ぎたい」という方もいるはずです。

そのような場合には、学生限定の楽天カード アカデミーがおすすめです。

なぜなら、楽天カード アカデミーでは利用可能額が最高30万円となっており、通常の楽天カードよりも低めです。

自分で設定できるので、使いすぎ防止に役立ててください。

また、学生限定というだけあって、学割プログラムが充実しています。

楽天市場での送料無料クーポン配布や毎週水曜日の楽天市場、楽天ブックス10%還元(要エントリー)、楽天ブックスでポイント最大4倍、楽天トラベルでポイント3倍などがあります。

在学中の学生で楽天ユーザーの方は、楽天カード アカデミーを申し込んだ方がお得です。

卒業後は楽天カードに自動切替可能なので、審査結果によっては利用可能額を拡大することも可能になります。

8.VIASOカード

国際ブランド Mastercard
年会費 初年度 無料
2年目〜 無料
還元率 常時 0.5%
最大 10.0%

VIASOカードは、最短で翌営業日に発行されて3日~1週間で手元に届くクレジットカードです。

年会費は永年無料です。

ポイント還元率は0.5%ですが、以下のスマホ料金の支払いやインターネットの支払い、ETC利用時などは2倍(1.0%)になります。

  • 携帯電話・PHSの利用料金:NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル
  • インターネットプロバイダーの利用料金:(Yahoo! BB、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN)
  • ETC利用時:ETCマークのある全国の高速道路、一般有料道路の通行料金

また、VIASO eショップを経由したネットショッピングでは、ポイント還元率が最大10.0%と高い還元率になります。

貯めたポイントは、自動で1ポイント=1円として直接引き落とし口座にキャッシュバックされます。

ポイントの使いみちを考える必要がなく、交換レートを調べて交換手続きを行う手間もかからないため、おすすめです。

また、最高2,000万円の海外障害旅行保険が付帯されており、年会費無料のクレジットカードでは充実の補償額です。

保険加入は手続きが不要で、VIASOカードで旅行代金の支払いが可能です。

9.Yahoo! JAPAN カード

国際ブランド Visa
Mastercard
JCB
年会費 初年度 無料
2年目〜 無料
還元率 常時 1.0%
最大 3.0%

Yahoo! JAPANカードは、年会費が永年無料です。

ポイント還元率は1.0%と高い還元率で、提携店舗が多いTポイントを貯めることができます。

Yahoo!ショッピングとLOHACOでは毎日3.0%還元しているので、これらのサイトをよく利用する方は発行しない理由がありません。

Yahoo!ショッピングでは随時お得なキャンペーンを行っているので、併用するとさらにお得になるでしょう。

万が一Yahoo! JAPANカードでショッピングした商品が90日以内に損害を被ってしまった場合には、ショッピングガード保険によって保障が受けられるのでご安心ください。

ちなみにTポイントは、ドラッグストアのウェルシアのウェル活という節約術に活用されます。

毎月20日はウェルシアの「お客様感謝デー」であり、会計でTポイントを200ポイント以上利用すると、1.5倍の価値でお買い物ができます。

たとえばTポイント1,000ポイントを使うと、1,500円分の買い物ができます。

Tポイントを貯めてウェル活やその他加盟店で利用したい場合には、Yahoo! JAPANカードがおすすめです。

10.Orico Card THE POINT

国際ブランド Mastercard
JCB
年会費 初年度 無料
2年目〜 無料
還元率 常時 1.0%
最大 2.0%

Orico Card THE POINTは、年会費は永年無料です。

ポイント還元率が1.0%の高還元率カードであり、高校生を除く原則として年齢18歳以上であることが申し込みの資格です。

オリコポイントがお得に貯まるオリコモールを経由してネットショッピングした場合、カード利用分(1.0%)に加えて、オリコモール利用分(0.5%~)と特別加算(0.5%)で合計2.0%以上の還元率になります。

さらに入会後6ヵ月間はポイント還元率が2倍にアップし、ポイント還元率が2.0%です。

旅行傷害保険は付帯していませんが、紛失・盗難補償やトラベルサポートといった最低限の特典は付帯しています。

常に1.0%以上のポイント還元率でショッピングをしたいなら、Orico Card THE POINTがおすすめです。

学生向けクレジットカードの選び方

学生向けのクレジットカードの選び方は、自分がクレジットカードに何を求めるかで決まります。

学生が求めるであろう、おすすめのカードを紹介します。

  • 高い還元率でたくさんポイントが貯まる
  • Amazonでのポイント還元率が高い
  • 海外旅行保険が充実している

高い還元率でポイントが貯まるカードは…

三井住友カード デビュープラスは、総合力が高いクレジットカードです。

デビュープラスという名称だけあり、カードデビューにぴったりです。

常に高い還元率でありながら、学生がよく利用するであろうコンビニやマクドナルドなどのお店でポイント還元率がアップします。

不正利用対策が万全であり、24時間体制でモニタリングされていますので、ネットで買い物をすることが多い場合でも安心なのはこのカードの強みです。

海外旅行保険が付帯されていないので、旅行好きな方は他のカードを検討したほうがいいかもしれません。

高い還元率を求めているなら、三井住友カード デビュープラスで決まりです。

Amazonでのポイント還元率が高いカードは…

JCB CARD Wは、Amazonでのポイント還元率2.0%のクレジットカードです。

入会後3カ月は、ポイント加算率が4倍アップするので、Amazonでの買い物が還元率5.5%*と非常に高い還元率です。

※JCBカードの通常ポイント+JCB CARD Wのボーナスポイント1倍+新規入会キャンペーンボーナスポイント4倍+Amazon利用ボーナスポイント6倍でポイント最大11倍=5.5%還元

通常時も1.0%と高い還元率であり、スターバックスやセブン-イレブンなど一般的によく使われるお店のポイントがアップするため、メインカードとして活躍できます。

貯めたポイントは、Amazonやギフトカード、ANAマイル、ディズニーチケットなど使いみちが豊富なので、使いどころに困ることもないでしょう。

さらに、24時間体制で紛失・盗難に対応してくれるほか、海外旅行保険も付帯されているため安心感があります。

Amazonでお得に買い物できるのはもちろん、総合力があり、年会費も無料なので、おすすめです。

Amazonでお得にショッピングできるクレジットカードについてはこちら

海外旅行保険が充実しているカードは…

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、海外旅行保険が充実したクレジットカードです。

海外旅行傷害保険は自動付帯で、内容は以下の通りです。

保険の種類 補償限度額
死亡・後遺障害 3000万円
(家族会員は1000万円)
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
救援者費用 200万円
賠償費用 3,000万円
携行品損害 30万円
(免責3,000円)

海外旅行保険でとくに着目すべきは、傷害治療費用と疾病治療費用です。

上記の2つはケガや病気をしたときの補償です。

セゾンブルーアメックスは、上位カードであるセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードと同額の補償があることから、このカードが海外旅行保険に強いことがわかります。

25歳未満なら年会費無料であるにもかかわらず、海外利用でポイント還元率が2倍で、充実の海外旅行保険が付帯されているなど、魅力的な特典がたくさんあります。

海外旅行保険を充実させたいなら、セゾンブルーアメックスで決まりです。

海外旅行保険が充実したクレジットカードについてはこちら

学生向けクレジットカードの審査の流れ

クレジットカードをはじめて申し込む学生の場合、もっとも気になるのがカード会社による審査ではないでしょうか。

審査の流れは、同じ学生でも未成年なのか成人しているのかで少し異なります。

「審査はどのように行われるのか」という疑問を解決するべく、以下では2パータンに分けて学生向けクレジットカードの審査について解説します。

未成年の学生の場合

まずは、未成年の学生の場合です。

学生向けクレジットカードは未成年の学生でも申し込めます。

しかし、条件は高校生を除く18歳以上であることだけではなく、親権者の同意も必要です。

一般的に未成年の学生がクレジットカードを申し込むと、カード会社から親権者に同意確認の電話連絡が行われます。
書面による親権者の同意確認を行う場合もあります。

親権者の同意確認が完了してはじめて、申し込み者に対する審査とクレジットカードの発行が行われます。

同意確認ができなければ、法律上カード会社はクレジットカードを発行することができません。

未成年の学生は、事前に親権者に相談してからクレジットカードを申し込むようにしましょう。

成人している学生の場合

次に、成人している学生の場合です。

成人している学生であれば、多くの場合親権者の同意は必要なく、申し込み後はスムーズに審査が開始されます。

成人しても学生であるという理由から、親権者の同意が必要となる場合があります。

もし親権者の同意が確認できないと、クレジットカードが発行できても利用可能額が低めに設定されるなど、不利になる可能性があるので注意が必要です。

学生がクレジットカードの審査に落ちてしまう原因

学生向けに発行されているクレジットカードに申し込みをしても、審査に落ちてしまうことがあります。

以下では、審査に落ちた原因として考えられるものについて、2つ解説します。

短期間に複数枚のクレジットカードに申し込んでいる

1つめに考えられる原因は、短期間に複数のクレジットカードに申し込んでいることです。

1度に複数のクレジットカードに申し込んでいる状態は、信用情報上あまり良くありません。

なぜなら、申し込んだクレジットカードすべての審査に通過したあと、カードのショッピング枠やキャッシング枠を使えば、支払い能力を超えた金額を借りることが可能になるからです。

早くクレジットカードを作りたいからと一気に申し込むと、審査落ちの原因となります。

クレジットカードを申し込んだという記録は信用情報機関に6カ月間残ります。

複数の申し込みが審査落ちの原因だと考えられる場合は、最後の審査結果が出てから次の申し込みまでに6カ月期間をあけるようにしてください。

携帯料金の支払いを滞納している

2つめに考えられる原因は、携帯料金の支払いを滞納していることです。

実は携帯料金支払いの滞納は、クレジットカードの審査に影響を与えるケースもあります。

中でも、携帯の端末料金を分割払い中に滞納した場合、個別クレジットの返済遅延として信用情報機関に記録されます。

月々の支払いを滞納しているような申し込み者は、カードの利用者としてふさわしくないとカード会社に判断されてしまいます。

携帯料金の支払いを滞納していることが必ずしも審査落ちに直結するわけではありません。

しかし、カード会社によっては、申し込み者を敬遠する材料として捉えることがあるため注意が必要です。

学生向けクレジットカードについてのFAQ

以下では、学生向けクレジットカードに関して寄せられる、よくあるご質問についてお答えします。

はじめてクレジットカードを申し込もうとしている学生の方は、参考にしてください。

学生向けのクレジットカードとは?

学生向けクレジットカードとは、その名前の通り、学生のために作られているクレジットカードです。

呼び方はカード会社により異なり、学生向けクレジットカード・学生カード・学生クレジットカードと呼ばれます。

中学生・高校生はクレジットカードを持てる?

中学生や高校生も学生ですが、クレジットカードを持つことはできません。

一部の例外を除き、18歳未満の方は学生カードを作ることは出来ないので注意してください。

例外としては、イオンカードがあります。

Q:イオンカードは高校生でも申し込みみできますか。

A:卒業年の1月1日~3月31日までの期間であれば、現在高校生の方でもお申し込みみいただけます。またはそのご家族で、日本国内在住の方がお申し込みみいただけます。

※入会には所定の審査がございます。
※お申し込みみ時点で満18歳以上の方が対象となります。

引用:イオンクレジットサービス|よくある質問

他にも高校生が留学する際には、家族カードを持つことが可能です。

学生向けのクレジットカードは親権者の同意が必要?

学生向けのクレジットカードは18歳や19歳といった未成年でも持つことが可能です。

しかし未成年(20歳未満)の場合は、両親など親権者の同意が必要です。

未成年が申し込みした場合には、カードを発行する前にカード会社から親権者への確認が入るので、事前に相談しましょう。

20歳以上であれば、自分の意思で申し込み可能です。

学生向けクレジットカードの限度額は?

学生向けクレジットカードの限度額は10万円であることが多いです。

学生は支払い能力が高くないため、カード会社側は貸し倒れするリスクを考慮します。

海外旅行をするときなどは、一時的に増額することもできます。

増額を希望する場合、カードの会員ページや電話で申請しましょう。

クレジットカード申し込みのときの年収は「0」でも大丈夫?

学生であれば、基本的に年収が0円でも申し込み可能です。

実家暮らしで世帯年収を記入するときは、両親など親権者に確認してから記入しましょう。

一人暮らしであれば、世帯年収は0円と記入しても大丈夫です。

クレジットカードの申し込みに学生証は使えない?

クレジットカードの申し込みの際、本人確認書類として学生証は基本的に利用できません。

学生証が使えないのは、現住所が記載されていないためです。

本人確認書類として使えるのは、主に以下の通りです。

  • 運転免許証または経歴証明書
  • パスポート(写真印刷面および最終ページの住所記載面)
  • 健康保険証(本人の氏名、生年月日、住所のページ)
  • 住民票または印鑑登録証明書(発行日より6カ月以内のもの)
  • 個人番号(マイナンバー)

学生向けクレジットカードの中で、学生証の提示を求められるケースもありますが、学生であることを証明するためのみに使用されます。

学生向けクレカのおすすめまとめ!

学生が持てるクレジットカードを10種類紹介しました。

在学期間が終了するとゴールドカードや一般カードに自動切替が行われるカードもあるので、将来的にどのようなカードを持ちたいかを考慮して選びましょう。

学生向けクレジットカードの選び方や審査の流れ、審査落ちの原因についても解説したので、クレジットカード選びの参考にしてください。

目次
閉じる