新社会人向けのクレジットカード8選!20代向けのゴールドカードもあわせて紹介

※年会費などの金額表記を原則すべて税抜価格で表記しています。

社会人になったタイミングに、新たにクレジットカードを作ろうと考える方も多いでしょう。

クレジットカードは、新社会人でも持つことができます。

仕事をこなす上で、出張などの交通費や、取引先との交際費などを立て替える際、クレジットカードがあればスマートに支払うことができます。

しかし、クレジットカードは数が多いため、はじめてカードを選ぶ際にはどれが良いのか迷うものです。

今回は、新社会人におすすめのクレジットカードや、カードの活用方法について紹介します。

これからクレジットカードを作る方は、参考にしてください。

目次

新社会人がクレジットカードを持つメリット

優遇制度のある年齢制限付きクレジットカードが申し込める

優待制度のある年齢制限付きクレジットカードを持つことができる点が、新社会人がクレジットカードを申し込む最大のメリットです。

一般のクレジットカードと比べても、年会費、ポイント還元、付帯保険、特典などの面で優遇されていることが多いのです。

また、社会人になったタイミングで実家を出て一人暮らしをする方もいるでしょう。

一人暮らし用の家具や電化製品の購入は高額になることが多いため、クレジットカードで支払えばポイントが貯まります。

一人暮らしが始まってからも、毎月発生する光熱費、携帯代など固定費をクレジットカード払いにすれば、現金払いよりもお得です。

年会費が安く設定されているものが多い

新社会人で給料が少ないうちは、年会費を支払うのも負担に感じるでしょう。

新社会人用のクレジットカードには、一定の年齢まで年会費を無料に設定しているものもあります。

年会費はカードの種類によって異なり、初年度無料や、条件付きで無料になるものなどさまざまです。

クレジットカードを選ぶ際は、年会費が少ないものを選びましょう。

また、年会費が永年無料のクレジットカードもおすすめです。

維持費のコストが一切かからないため、使用頻度を気にせず持つことができます。

家計の管理が楽になる

日々の支払いをクレジットカードにまとめると、家計の管理が楽になります。

現金の支払いは、毎回受け取るレシートを保管して管理しなければなりません。

一方、クレジットカードは月ごとの利用明細書が発行されるので、一覧で出費を確認することができます。

過去の利用明細もWebで確認できるので、紙の管理が不要です。

また、クレジットカードで支払いをまとめると、小銭を持ち歩く必要がなくなります。

財布から必要な小銭を取り出す手間が省けるため、短い時間などでスマートに支払いを済ませることができて便利です。

新社会人のクレジットカードの活用方法

新社会人のクレジットカードの活用方法についても、確認しておきましょう。

新生活に向けた買い物に使う

新社会人は仕事や生活ですべきことが多く、忙しいものです。

時には買い物に行く時間が取れず、コンビニで食材を買うこともあるでしょう。

そのような時にクレジットカードを利用すれば、スマートに支払いができるだけではなく、ポイントを貯めることができます。

例えば三井住友カード デビュープラスでは、提携先のコンビニやマクドナルドで、いつでもポイント5倍になる特典があります。

これらのポイントは現金払いではもらうことができないので、お得に活用しましょう。

また、新社会人はスーツやバッグ、ネクタイなどのビジネス用品や、新生活に向けて必要な家具や家電製品など、揃えるものがたくさんあります。

これらを全て合わせると金額も高額になるため、クレジットカード決済にするとポイントを効率的に貯めることができます。

他にも、提携しているモールを経由してネットショッピングすると、ポイントアップサービスを受けることができます。

ポイントアップサービスはカードによりますが、通常の何十倍還元率がアップされるものもあります。

新生活の買い物はこのようなサービスを積極的に活用して、お得にポイントを貯めましょう。

急な出費に使う

社会人になると、会社の接待費や出張費など、急遽まとまったお金が必要になることがあります。

しかし、新社会人がいつも多額の現金を持ち合わせておくのは難しいこともあるでしょう。

そんな時、クレジットカードを1枚持っておけば安心です。

例え残高が不足していても、カードの引き落とし日までに現金を用意できれば問題ありません。

次の給料日までのつなぎとしても使うことができます。

新社会人のクレジットカード選びのポイント

クレジットカードにはたくさん種類がありますが、各カードで特徴は異なっています。

これから、新社会人のクレジットカード選びの際に重視すべきポイントを紹介します。

年会費

クレジットカードには、年会費無料のものがあります。

一言で年会費無料といっても、初年度のみ無料、永年無料、条件付きで無料など、さまざまです。

一般的に、年会費はクレジットカードのステータスに応じて上がっていきます。

しかし、年会費が無料であるからといってサービスの質が落ちるということではありません。

はじめてクレジットカードを持つ方は、申し込み後のカードの利用頻度も見当がつかないでしょう。

せっかく申し込んでも、ほとんど使わなければ年会費が無駄になってしまいます。

はじめてクレジットカードを持つ方には、コストがかからない年会費無料のものがおすすめです。

利用目的

クレジットカードは、利用目的に応じて選ぶことが大切です。

ビジネスや旅行で海外に行く機会が多い方は、海外旅行保険や空港ラウンジが無料で利用できるサービスがあるカードが良いでしょう。

ポイントをたくさん貯めたい方は、還元率の高いものや、有効期限の長いカードがおすすめです。

また、ポイントアッププログラムや有効期限もよく確認しておきましょう。

普段買い物をするお店が固定されている方は、ポイントアップや割引サービスのあるカードがお得です。

それぞれのライフスタイルごとに、お得になるクレジットカードは異なります。

付帯サービス

付帯サービスは、クレジットカードを作った際に自動的についてくるサービスです。

提携店舗やレジャー施設で優待が受けられるものや、海外旅行保険などがついているものがあります。

通常、カードのランクが上がるだけ手厚いサービスを受けることができます。

主な付帯サービスは、以下の通りです。

  • カードの利用額に応じたポイントがサービス
  • 搭乗、走行距離やカードの利用額に応じたマイレージサービス
  • カードの提示で受けられる優待割引サービス
  • Suica、Edyなどの電子マネー
  • 国内旅行保険や、海外旅行保険
  • 代行サービス、相談サービスなどのお役立ちサービス
  • 空港ラウンジの利用

付帯サービスは、カードの種類によって利用条件が異なります。

サービス適用条件をしっかりと確認しておきましょう。

また、家族カードは付帯サービスの内容が一部対象外になっているものもあります。

家族カードのサービス適用条件もカード会社ごとに違いがあるので、利用前に規約を見ておきましょう。

安全性

クレジットカードの紛失や盗難に備えて、不正利用防止のセキュリティ対策保証制度の確認もしておきましょう。

カード会社が行っているセキュリティサービスとしては、カード利用お知らせメール本人認証サービスカード偽造防止ICチップの搭載などが挙げられます。

また、緊急時のサポート体制がしっかりしているカードを持っていれば、万が一の時も安心です。

安心で安全にクレジットカードを利用するためにも、セキュリティ対策の万全なカードを選びましょう。

新社会人におすすめのクレジットカード

では、新社会人におすすめのクレジットカードを紹介します。

三井デビュープラス

国際ブランド Visa
年会費 初年度 無料
2年目〜 1,200円
※年1回利用で無料
還元率 常時 1.0%
最大 2.5%

三井住友カード デビュープラスは18歳から25歳までの方が対象のクレジットカードです。

25歳まで利用した後は、上位カードである三井住友カード プライムゴールドに自動で切り替わります。

年会費

通常の年会費は1,250円ですが、インターネットから申し込めば初年度の年会費は無料です。

また、1年間で1回以上の利用があれば2年目以降の年会費も無料です。

ポイント

一般の三井住友カードのポイントの還元率は0.5%ですが、三井住友カード デビュープラスの還元率は2倍の1.0%です。

利用金額200円(税込)ごとに、2ポイントのVポイントが貯まります。

年会費が実質無料であるにも関わらず、高い還元率のカードです。

また、ポイントアップサービスとしては、以下のものがあります。

  1. 入会後3カ月間は5倍
  2. セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用時には5倍
  3. ポイントUPモールを経由してネットショッピングをすると、最大20倍
  4. ココイコ!でエントリーの上でショッピングをするとポイントアップ
  5. マイ・ペイすリボでリボ払いを利用すると2倍

他にも、2021年2月支払い分から、毎月のショッピング金額に応じて以下のボーナスポイントを受け取ることができます。

毎月のショッピング金額 ボーナスポイント数
15万円(税込)未満の場合 5万円ごとに50ポイント
15万円(税込)以上の場合 5万円ごとに100ポイント

貯まったポイントはカードの支払いに充当することが可能です。

また、Amazonギフト券やGoogle Payギフトカード、App Store & iTunesギフトカードなどに交換することもできます。

他社のポイントやマイルに移行することもできるので、使いみちに困ることはありません。

JCB CARD W

国際ブランド JCB
年会費 初年度 無料
2年目〜 無料
還元率 常時 1.0%
最大 5.5%

JCB CARD Wは、18歳から39歳までの方限定のクレジットカードです。

入会時に39歳以下であれば、40歳以降も引き続き持つことができます。

年会費

年会費は、契約者と家族会員ともに永年無料です。

また、ETCも年会費、手数料無料で持つことができます。

クレジットカードに維持費をかけたくない方には、おすすめの1枚です。

ポイント

通常ポイント還元率は1.0%です。

JCBが発行する他のクレジットカードの2倍(W=ダブル)のOki Dokiポイントが貯まります。

入会後3カ月はポイントの還元率が4倍です。

また、JCB ORIGINAL SERIESパートナーと呼ばれるポイント優待店では、さらにポイントが倍増されます。

新社会人がよく利用するであろう、Amazonやスターバックス、セブン-イレブンなどのお店で、最大10倍ポイントがアップします。

貯まったポイントは、Amazonやギフトカード、ANAマイルやディズニーチケットなどに交換することができます。

特典

セキュリティが充実している点も、大きなメリットです。

海外旅行中の事故や、緊急トラブルの際に相談できるJCBプラザコールセンターを24時間年中無休で利用することができます。

ケガや病気の時の病院案内の他に、クレジットカード、パスポートの紛失や盗難時に、サポートを受けることができます。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険最高100万円の海外ショッピング保険も付帯されています。

このように、年会費無料にも関わらず、さまざまな特典があります。

JAL普通カード

国際ブランド Visa
Mastercard
JCB
AMEX
年会費 初年度 無料
※AMEXのみ6,000円
2年目〜 2,000円
※AMEXのみ6,000円
還元率 常時 0.5%
最大 1.0%

JAL普通カードは、JALマイルを効率的に貯めることに特化したクレジットカードです。

年会費

年会費は国際ブランドによって異なり、AMEX以外は初年度無料、2年目以降2,000円です。

一方、AMEXは初年度、2年目以降ともに6,000円です

年会費を抑えたい方は、注意して国際ブランドを選びましょう。

ポイント

利用額に応じて、ポイントの代わりにJALマイルが自動で積算されます。

200円(税込)ごとに1マイルが貯まり、還元率は0.5%です。

ポイント交換でマイルを取得する他社カードに比べ、お得にマイルを貯めることができます。

また、スタバなどの特約店で利用すれば、還元率は2倍です。

他にも、JALグループ便に搭乗の度にボーナスマイルをもらうことができます。

マイルを貯めたい方に、おすすめのクレジットカードです。

楽天カード

国際ブランド Visa
Mastercard
JCB
AMEX
年会費 初年度 無料
2年目〜 無料
還元率 常時 1.0%
最大 3.0%

ポイントをたくさん貯めたい方は、楽天カードがおすすめです。

年会費

年会費は、契約者、家族カードともに永年無料です。

ETCカードの年会費は500円ですが、プラチナ、ダイアモンド会員の場合は無料で持つことができます。

ポイント

ポイントの還元率の高さは、最大のメリットといっても過言ではありません。

通常の還元率は1.0%ですが、楽天市場内の買い物は3.0%にアップします。

また、スーパーポイントアッププログラム(SPU)というポイントアップサービスを利用すれば、さらに還元率がアップします。

SPUのポイントアップサービスの例は、以下の通りです。

  • 楽天ゴールドカード、プレミアムカードを利用して楽天市場の買い物で+2倍
  • 引き落とし口座を楽天銀行にすると+1倍
  • 楽天市場アプリからの買い物で+0.5倍
  • 楽天ブックスで月1回1注文1,000円以上利用で+0.5倍
  • 楽天Koboで月1回1注文1,000円以上利用で+0.5倍

全てのSPUを利用すれば、最大で14.0%の還元率でお得に買い物ができます。

貯まったポイントは、1ポイント1円相当で楽天の関連サービスで利用することができます。

楽天が展開しているサービスは、楽天市場はもちろん、楽天ブックス、楽天ビューティ、楽天証券などさまざまです。

また、街のグルメ、ショッピング、美容、暮らし、サービスなどの楽天加盟店でも利用できるため、使いみちに困ることはありません。

新社会人におすすめのゴールドカード

新社会人になったタイミングで、ゴールドカードを持ちたいと考える方もいるでしょう。

そこで、新社会人におすすめのゴールドカードを紹介します。

三井住友プライムゴールド

国際ブランド Visa
Mastercard
年会費 初年度 無料
2年目〜 5,000円
※割引あり
還元率 常時 0.5%
最大 2.5%

三井住友プライムゴールドは、三井住友カードが発行する20代限定のゴールドカードです。

年会費を抑えてゴールドカードを持ちたい方におすすめです。

年会費

通常の年会費は5,000円ですが、初年度は無料です。

2年目以降は、下記の支払い方法や契約内容によって年会費が変わります。

支払い方法や契約内容 年会費
通常 5,000円
Web明細書 4,000円
マイ・ペイすリボ 2,500円
Web明細書 1,500円

また、前年度の利用金額に応じて翌年度の年会費が無料もしくは半額になる特典もあります。

家族カードは1人目は無料ですが、2人目以降は1,000円かかります。

ポイント

利用金額200円(税込)ごとに1ポイントのVポイントが貯まります。

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用ですると、5倍の還元率でお得にお買い物ができます。

また、ポイントUPモールを経由してネットショッピングをすると、最大20倍の還元率です。

さらに、前年度の利用額に応じて付与されるボーナスポイントは、他の会員の2倍のポイントがもらえます。

このように、年会費が安いにも関わらず、他のカードより特典などの面で優遇されています。

貯まったポイントは、支払い金額への充実や、Amazonなどのオンラインギフトカードに交換することができます。

マイルに移行することも可能なので、使いみちに困ることはありません。

付帯保険

付帯サービスが充実している点も、魅力のひとつです。

まずは、海外旅行保険です。

▼海外旅行保険

担保項目 保険金額
傷害死亡
後遺障害
1,000万円(自動付帯)
4,000万円(利用条件)
傷害治療費用
(1事故の限度額)
300万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
300万円
賠償責任
(1事故の限度額)
5,000万円
携行品損害
(1旅行中かつ1年間の限度額)
50万円
救援者費用
(1年間の限度額)
500万円

次に、国内旅行保険です。

▼国内旅行保険

担保項目 保険金額
傷害死亡
後遺障害
1,000万円(自動付帯)
4,000万円(利用条件)
入院保険金日額 5,000万円
通院保険金日額 2,000万円
手術保険金 最高20万円

両者ともに、障害死亡・後遺障害以外の項目は自動付帯です。

また、生計を共にする19歳未満の同居の親族や、19歳未満の別居の未婚の子家族も補償対象です。

また、海外と国内での利用分で、年間300万円までのお買い物安心保険が付帯されています。

家族会員も同様の補償を受けることができます。

JCB GOLD EXTAGEカード

国際ブランド JCB
年会費 初年度 無料
2年目〜 10,000円
還元率 常時 0.5%
最大 1.5%

JCB GOLD EXTAGEカードは、ステータスの高いカードとして人気です。

条件を満たせば、JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションを受けることもできます。

年会費

年会費は10,000円ですが、インターネットから申し込むと初年度は無料です。

家族カードは1人目は無料ですが、2人目以降は1,000円がかかります。

ETCカードは、年会費無料で持つことができます。

ポイント

カード利用額1,000円につき、OkiDokiポイント1ポイントが貯まります。

JCB一般カードのポイント有効期限は2年間ですが、ゴールド会員のポイント有効期限は3年間と、1年長くなっています。

また、GOLD Basic Serviceという以下の特典を受けることができます。

  • 最高1億円の海外旅行傷害保険
  • 最高5,000万円の国内旅行傷害保険
  • 最高4万円の国内・海外航空機遅延保険
  • 年間最高500万円のショッピングガード保険(国内/海外)
  • 国内の主要空港やハワイ ホノルルの空港ラウンジが無料
  • ゴールド会員専用のデスク
  • 代金が20%OFFになるグルメ優待サービス など

上記に加え、2020年1月から世界1,100カ所以上の空港ラウンジをUS32ドル(約3,400円)で利用できるラウンジ・キーが利用できるようになりました。

インビテーション

株式会社JCBが定める条件を満たすと、ワンランク上のゴールドカードであるJCBゴールド ザ・プレミアへのインビテーションが届きます。

条件は以下の通りです。

  • MyJCBにメールアドレスを登録している
  • JCBゴールドのショッピング利用合計金額(12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上

将来ワンランク上のカードを持ちたい方に、おすすめです。

dカード GOLD

国際ブランド Visa
Mastercard
年会費 初年度 10,000円
2年目〜 10,000円
還元率 常時 1.0%
最大 10%

dカードゴールドは、docomoユーザーにおすすめのクレジットカードです。

年会費

年会費は、10,000円です。

家族カードは1枚目のみ年会費無料で、2枚目以降は1,000円がかかります。

ETCカードは、年会費無料で持つことができます。

ポイント

通常100円(税込)ごとに1ポイントのdポイントが貯まり、ポイント還元率は1.0%です。

ドコモのケータイ料金の支払いに利用すると1,000円ごとに100ポイントのポイントが貯まり、ドコモユーザーはお得にポイントが貯まる仕組みです。

また、街のdポイント加盟店でカードを提示すると、支払方法を問わず利用金額に応じたポイントが付与されます。

さらに、以下のdカード特約店では、店舗ごとにポイント加算や割引サービスを受けることができます。

  • コジマ:3%OFF
  • ビッグエコー:100円(税込)ごとに2ポイント※iD支払いのみ
  • スターバックス カード:100円(税込)ごとに3ポイント
  • マツモトキヨシ:100円(税込)ごとに2ポイント
  • 伊勢丹:200円(税込)ごとに1ポイント
  • 高島屋:200円(税込)ごとに1ポイント

貯まったポイントは、1ポイントを1円相当で携帯料金の支払いへの充当や、優待チケットや商品に交換できます。

付帯保険

付帯サービスは大変充実している点も、魅力のひとつです。

まずは、海外旅行保険です。

▼海外旅行保険

補償内容 本会員/家族会員の補償金額 本会員家族の補償金額
傷害死亡 1億円 1,000万円
傷害後遺障がい 40万円~1億円 40万円~1,000万円
傷害・疾病治療費用 300万円 50万円
賠償責任 5,000万円 1,000万円
携行品損害 最高50万円/盗難時30万円 15万円
救援者費用 500万円 50万円
海外航空便遅延費用特約 航空便遅延費用:①②③④のいずれか高い金額を定額で支払う

①宿泊施設の客室料:3万円

②交通費か旅行サービス取消料:1万円

③食事代:5,000円

④手荷物遅延:3万円

左同

海外旅行保険は、傷害死亡・傷害後遺障害以外は自動付帯です。

また、本会員と生計を同一にしている配偶者や、19歳未満の同居親族、19歳未満で別居かつ未婚の子どもも補償を受けられます。

次に、国内旅行保険です。

▼国内旅行保険

補償内容 補償金額
傷害死亡保険金 5,000万円
傷害後遺障がい保険金 20万円~5,000万円
入院保険金 5,000円
通院保険金 3,000円
手術給付金 入院保険金日額の5倍または10倍
乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

国内旅行保険は利用付帯である点に、注意が必要です。

他にも、国内の主要空港とハワイの空港にあるラウンジの無料利用や、年間300万円のお買物あんしん保険が付帯されています。

楽天ゴールド

国際ブランド Visa
Mastercard
JCB
年会費 初年度 2,000円
2年目〜 2,000円
還元率 常時 1.0%
最大 5.0%

楽天ゴールドは、安い年会費で手軽に持つことができるゴールドカードです。

年会費

年会費は2,000円で、家族会員は500円かかります。

ETCカードは無料で持つことができます。

ポイント

通常の利用のポイント還元率は1.0%ですが、楽天市場で買い物をすると、いつでも5.0%の還元率で利用できます。

スーパーポイントアッププログラムという楽天サービスを利用すれば、還元率は最大16倍です。

ポイントアップの条件を満たすには、楽天ひかり、楽天銀行、楽天証券などの各サービスを利用する必要があります。

また、還元率が最大10倍になる年に4回楽天スーパーセールや、ポイントが7.0%に上がる5か0がつく日に利用すれば、お得にポイントを貯めることができます。

付帯サービス

下記の海外旅行保険が付帯されています。

補償内容 保険金額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 200万円

また、国内の主要空港のラウンジとハワイ、韓国の一部の空港ラウンジが年に2回無料で利用できます。

他にも、緊急時や現地情報の案内、レストランの予約などをサポートしてくれる、トラベルデスクサービスを無料で利用できます。

さらに、Wi-Fiレンタル料金20%OFFや海外レンタカー料金10%OFF、手荷物宅配料金最大300円OFFなどといった海外旅行で役立つ割引サービスも充実しています。

海外によく行く機会のある方は、楽天ゴールドカードをよりお得に活用できるでしょう。

まとめ

新社会人におすすめのクレジットカードを紹介しました。

一定の年齢に到達するとゴールドカードや一般カードに自動で切替わるカードもあります。

将来的にどのようなカードを持ちたいかを考慮して選びましょう。

どれを選ぶか迷っている方は、三井住友カード デビュープラスがおすすめです。

年会費は実質永年無料であるにも関わらず、ポイントの還元率が高くお得なクレジットカードです。

海外旅行保険は付帯していませんが、国内で生活する分には十分すぎるスペックといっても過言ではありません。

他にも、初年度の年会費が無料のクレジットカードはたくさんあるため、お試しで持つのも良いでしょう。

クレジットカードを活用して、新社会人生活を快適なものにしましょう。

目次
閉じる